フィギュアスケート選手にかかる費用はいくら?オリンピック出場迄1億2500万必要

こんばんはmiuです。 

現在フィギュアスケートフィンランド大会が開催されております。

女子1位がサギトワ選手で、2位が白岩優菜選手でした。

白岩選手も凄く頑張りましたね

いよいよ羽生結弦が登場するので、おそらくファン達はTVにくぎづけ状態ではないでしょうか?

先日の第2戦のカナダ大会では、宇野昌磨選手が見事逆転優勝を飾りましたね

華やかなフィギュアスケートですが、お金持ちでないと続けられないと言われてますが、オリンピック選手になるまで、いったいどれ位費用が掛かるのでしょうか?

スポンサードリンク

フィギュアスケートで最初にかかる費用は?

どんなスポーツであっても、一人前のアスリートを育てるためには、莫大な時間とお金が必要ですが、そんな中でもフィギュアスケートの、金銭的負担は群を抜いています。

世界一お金のかかるスポーツとも言われています。

選手たちが見せる笑顔の裏には、親たちの知られざる金銭的な苦悩が隠されているのです。

フィギュアは、まず競技を始める段階から、多額のお金が必要になります。

一般的なフィギュアスケート教室の、月間にかかる費用は、月謝、レッスン代、さらにリンク使用料を合わせて、月20万円以上にもなるのです。

始めた段階でかかるお金はそれだけではありません。

スケート靴代は最も安いものでも、5万円から10万円ほどで、しかも靴も傷んでしまうので年間3足は、必要になってきます。

さらに靴の刃の部分であるエッジは、最も安いものでも1足5万円で、しかもこちらも年1回以上は交換することになるようです。

すでに始める段階で、年間300万円以上かかる計算になってしまいますね。

ノービスクラスの競技会に参加する費用は?

小学生までの年齢が属する「ノービスクラス」の競技会に参加するようになると、費用は跳ね上がります。

ノービスクラスの競技会に参加する際には、フィギュアスケートのクラブに、所属している必要があります。

そのクラブへの登録料だけで、50万円前後の金額が消えていきます。

衣装代や楽曲・振付費用は?

競技会に参加するためには、衣装を用意する必要がありますが、衣装も最も安いものでも、10万円近くするのが相場です。

さらに、競技用の楽曲と振り付けが必要になり、それぞれ5万円から10万円程度がかかります。

これらの費用を少しでも節約するために、浅田真央選手はノービス時代、クラブの先輩であった伊藤みどりさんの衣装を、お下がりとして譲り受けて着用していたそうです。

スポンサードリンク

ジュニアクラスでの活動費用は?

ノービスクラスから実力と実績を手にして、中学生以上にあたるジュニアクラスで、活動することになると、バレエや筋力トレーニングなども必要になってきます。

これらに関しても月30万円から、50万円くらいがかかることになります。

さらにジュニアクラスになると、遠征も増えますのでその際の遠征費もかさみます。

そしてジュニアクラスで、世界レベルの大会に出場するようになると、ついに専属コーチをつけることになります。

コーチ代やリンク貸し切り代はいくら?

コーチの契約金額はピンキリになりますが、国際的にも有名なニコライ・モロゾフコーチや、タチアナ・タラソワコーチレベルになると、年間1,000万円以上の契約となるそうです。

さらに、本格的に世界レベルを目指すことになると、リンクも貸し切りになります。

こちらも年間50万円以上はかかるようですね。

ただし、高橋大輔選手、織田信成選手が在籍していた関西大学など、専用のリンクを持っている大学に、通っているような場合にはリンク使用料はかかりません。

そして、これだけのお金をかけたうえで、さらにたゆまぬ努力を続け、ジュニアでも著名な実績を残し続けた選手だけがシニアクラスへ転向し、晴れてオリンピックへの扉を開ける権利を得ることになるのです

オリンピックへ行くまでの費用は?

これらの条件をもとに、小学校1年生でノービスクラスから、フィギュアを始めて、中学3年間ジュニアで活躍、高校進学と同時にシニアに転向し、浅田真央選手と同じ19歳で、オリンピックに初出場したと仮定して、費用をざっと見積もってみました。

※ノービスクラス

フィギュア教室関連費1ヶ月20万円×12ヶ月×6年間=1,440万円

衣装代&靴代1年間50万円×6年間=300万円

振り付け&楽曲代1年間20万円×6年間=120万円

フィギュアクラブ登録料50万円×6年間=300万円

※ジュニアクラス

フィギュア専属コーチ費用(世界トップレベルではない)1年間100万円×3年間=300万円

リンク貸切代1年間50万円×3年間=150万円

衣装代&靴代1年間80万円×3年間=240万円

振り付け&楽曲代1年間50万円×3年間=150万円

フィギュア以外のトレーニング代(バレエなど)1年間120万円×3年間=360万円

国内&海外遠征費1年間100万円×3年間=300万円

※シニアクラス

フィギュア専属コーチ費用(世界トップレベル)1年間1,000万円×4年間=4,000万円

リンク貸切代1年間50万円×4年間=200万円

衣装代&靴代1年間150万円×4年間=600万円

振り付け&楽曲代1年間150万円×4年間=600万円

フィギュア以外のトレーニング代(バレエなど)1年間360万円×4年間=1,440万円

国内&海外遠征費1年間500万円×4年間=2,000万円

合計費用 12,500万円

いかがでしたか?

小学校1年生から13年間で割ると、単純に年間1,000万円近くのお金が、かかるということがお分かりいただけるかと思います。

しかし、仮にオリンピック選手にまでなり、メダリストレベルにまでなれば、テレビやCMにも引っ張りだこです。

伊藤みどりさんや荒川静香さんのように、引退後も仕事に困ることはありません。

だから、かかった費用はいくらでもペイできることでしょうね

なんとも溜息の出る数字でしたね、やはり大金持ちの子どもさんの習い事でした。

私の住んでる倉敷にも高橋大輔選手や、田中刑事選手がおられますが、これだけお金を掛けてここまできたのでしょうか?

選手も大変ですが、親御さんは本当に大変な思いで、ここまで育てあげたかと思うと頭が下がります。

それぞれの選手の今後の活躍を願っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です