元SKE48矢方美紀が乳がん全摘出で現在療養中!早期発見のきっかけは小林真央のブログだった

おはようございますmiuです。

今朝の「あさイチ」で乳がん治療中の、矢方美紀さんの事を取り上げてましたが、今AYA世代(10代~20代)のがんが急増しております。

若い世代は進学・就職・結婚・出産・育児とこれから色んな事に直面して行く大切な時期です。

矢方さんも自分の夢に向かってる最中に、偶然胸のしこりを見つけ、乳がんと診断されました。

あさイチの映像からも、とても明るく前向きな姿勢を感じましたが、早期発見に繋がったのが、小林真央さんのブログだった様です。

スポンサードリンク

矢方美紀が乳がんと診断された

SKE48を卒業後、名古屋を拠点にタレントとして活動している矢方美紀さん(25)ですが、乳がんを公表後、病気と前向きに向き合う姿勢が、多くの人々の共感を呼んでいます。

小林麻央さんが亡くなられたのがショックだったんです。お会いしたこともないんですけど、同じ働く女性として憧れの方で、ずっとブログも見て応援していたので、ちゃんと知らないとダメだな、と思って「乳がん」「調べ方」みたいなキーワードでインターネット検索して、試しにやってみました。

「私の場合は、しこりがすごく分かりやすいところにあったんですね。触ってみたら、左の胸にポコっとビー玉みたいな丸みがあって。「これがしこり?」と思って、病院に検査に行ったら、乳がんだと診断されました。」

セルフチェックは自分でも出来るので、時々さわってみることも早期発見にはとても大切ですね

またがん検診も嫌がらず、定期的に受信しましょう

40歳を過ぎるとマンモグラフィー検査で、機械に乳房を挟まれての検査で痛いので、嫌ですが乳がんの苦しみに比べれば耐えれますので、是非受診して下さいね

乳がんと診断された時の心境は?

「まさか自分が、がんになるとは思っていなかったので、ショックというよりは「なんで」って思いました。」

そもそも、20代ではならない病気だと思っていましたし、「煙草も吸わない、お酒も全然飲まない私がなんで?」という気持ちが大きく最初は、仕事を辞めて治療に専念しなくちゃいけないのかな、と思いました。

でも私は仕事が好きなので、担当の先生にその気持ちを話したら「お仕事は辞めなくて大丈夫ですよ」と言っていただいて。仕事と治療を両立させながら、病気と向き合っていけるなら、頑張ろうと思いました。

スポンサードリンク

矢方美紀の乳がん治療法は?

一部を残す治療法もあったんですが、全摘出よりも再発率が高くなるんです。

それに、ずっと体の中に悪いものがあるのは、すごく嫌だなと思って。胸がなくなるのはショックだけど、それよりも病気を治したいという、気持ちの方が強かったんですね。

全摘出しても再建という方法もあるという話や、手術して完治された方の話も聞いたりして、だったら1回全部取って病気を治してから考えようと、全摘出を選びました。

手術後、鏡で自分の体を見て、ここまでする必要はなかったんじゃないかと一瞬思いました。

女性にとって乳房を無くす事は本当にショックで、とても辛かったと思います。

病理検査の結果がすごいよかったら、全摘出しなくてもよかったと、後悔するんじゃないかって思いました。

でも、手術してみないとわからないし、それはもう自分の将来も考えて、受け入れるしかないと思うようにしました。

それに、誰もができる経験じゃないので、じゃあ私はこの経験を生かして、誰かを励ましたり元気づけたりできたらいいなと、前向きにとらえることにしました。

病気って気持ちの持ち方で、回復が違ってきますので、矢方さんは気持ちの切り替えが凄く早いので、回復もきっ早いと思います。

これからも治療に専念して一日も早い復帰を願っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です