城西大学駅伝監督・櫛部選手が現役時代に棄権した原因は?脱水でなく食中毒だった

  こんにちはmiuです。

箱根駅伝ファンであれば、櫛部静二という名前を知らない人はいないでしょう

日本長距離界の若きエースは、五輪出場の夢は叶えられませんでしたが、指導者として箱根駅伝に戻ってきていました。

現在は城西大学の監督として、活躍されておりますが、櫛部選手も駅伝で棄権した苦い思い出がありました。

今日は櫛部選手の過去を振り返ってみましょう

スポンサードリンク

早稲田の櫛部選手が棄権した

「早稲田の! 早稲田の櫛部が、とうとう歩きだしてしまいました!」  91年1月2日、箱根駅伝で戸塚中継所を前にフラフラのランナーがテレビ画面に映し出されました。

早稲田・櫛部選手のまさかの失速の姿でした。

「左手で脇腹を押さえている。表情はうつろ。さあ、どうする。櫛部、頑張れ!あと300メートル!」  学生長距離ランナーであれば、誰でも憧れる箱根駅伝2区でのアクシデントでした。

06年のコース変更まで、最長区間(23.2キロ)であり、今でも各校のエースが集います。  

1年生ながらも、そんな注目の大舞台を任されましたが、無念の失速でした。 

当時の記事には、失速の理由は「直前のカゼによる下痢からの脱水症状」とありました。

しかし、事実は違いました。 その時を振り返ってみましょう

櫛部選手の失速の真実とは?

櫛部氏は現在、城西大学の准教授で、男子駅伝部の監督を務めております、

その当時の事を櫛部氏本人が振り返りました。

「3日前の12月30日、合宿所の夕食は、OBからの差し入れの、お刺身が並んだのですが、私は外食でした。

しかし私の好物だと知っていた合宿所の方が、冷蔵庫で入れておいてくださったのです。

翌朝、せっかくだからという思いもあり、2切れほど頂きました。

でもそれが失敗でした。

午前中の練習に向かう途中から嘔吐し、すぐに向かった病院で、軽い食中毒と診断され、点滴を受けました。

夜には合宿所に戻り、翌日には笑うとおなかが痛い程度まで回復しました。

レース当日、櫛部選手は想像以上に、体が軽く感じられました。

トップでたすきを受けると、快調に飛ばしました。

14キロ付近から1.5キロで、20メートル上る名所「権太坂」でも、ライバルの山梨学院大の、オツオリを上回るハイペースで駆け上がりました。

記録を見ても、10キロから15キロのタイムは、区間賞だったオツオリよりも19秒も速かったのです。  

しかし、18キロ付近から体に異変を感じ出し 「レースの前に瀬古さんから『余裕を持って行け』と指示されていたのですが、思えば初めての駅伝の舞台に興奮していたり、オツオリのスピードに、プレッシャーを感じたりしていたのでしょうね。

「ハイスピードで自滅したようなものです。体が軽く感じたのも、(嘔吐と下痢で)全て出し尽くしているのですから当然ですよね」

残り3キロからの上り坂が、ランナーの明暗を分けます。

駅伝の醍醐味の一つ「ごぼう抜き」ドラマが、多く見られる地点でもあります。  

くしくも失速し始めた櫛部は、3人に抜き去られたあたりから、意識が飛んでしまっていました。

顔は苦しさでゆがみ、次々と13人に抜かれ、ラスト600メートル地点で14位でした。

そこからはフラフラと左右に蛇行し、時には立ち止まり、両手で顔を覆いながらも、たすきを握りしめて歩を進めました。

その痛々しい姿は全国に中継されました。

「覚えているのは、沿道から聞こえてくる早稲田の校歌だけでした。レース後、即入院したので、映像を見る機会はありませんでしたが、高視聴率だったらしいです」

私もあの時のTV中継を見ながら、「もういい、もう充分だからからやめて!」と心の中で叫びながら、感動でもらい泣きしてしまいました。

スポンサードリンク

瀬古コーチの心境は?

当時、瀬古利彦氏は早稲田のコーチ1年目でした。

瀬古氏は、「箱根駅伝『魂の疾走』」の取材時にこの場面をこう話しています。

「もう、たすきが渡らないかと思いましたね。私はテレビでしか見ていないのですが、あの衝撃的な映像に、ああいう無理をさせちゃいけないと思ったものです。個人レースなら出場させなかったのですが、箱根だからって‥‥。櫛部本人には悪いことをしてしまった」  

こういう出来事はいつまでも、コーチの心の傷にもなってるんですね

駅伝選手はなんとしてでも、たすきをつなげないといけない、という使命感が非常に強いですが、脱水状態では命の危険にもさらされますので、やはり監督の判断が重要です。

駅伝で体調不良の選手が出たら、早目に棄権させるのが監督の役目ですので、今後も犠牲者を出さない事を願っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です