ヤクルトCM川口春奈の出身地はどこ?五島列島福江島の魅力・写真集が可愛い

    おはようございますmiuです。

ヤクルトCMの川口春奈さんが、CMの中で「飲む?」というシーンがあるんですが、その表情が可愛すぎると話題になっておりますね

お嬢様のイメージがありますが、趣味が魚釣りで最高300匹も釣った経験があるというので、出身地はいったいどこ?と気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

川口春奈の出身地はどこ?

ヤクルトCMが可愛すぎると、今注目を集めてる女優の川口春奈さんですが、故郷は長崎県五島列島の中の離島、福江島でした。

長崎県にあたる大小140の島々からなる五島列島ですが、その中でも5つの大きな島を上五島の中通島、若松島、下五島の奈留島、久賀島、福江島といいます.

春奈さんは下五島の福江島の出身だったんですね

福江島は海と空が綺麗な島の様ですので、写真を見てみましょう

長崎県・福江島へのアクセスは?

長崎空港から空路で30分、長崎港からジェットフォイルで85分、フェリーで205分とアクセスがやや不便ですが、美しい海に囲まれた島々は、リフレッシュするには最高のスポットです!

美しい教会群ときれいな海、夜には満点の星空がひろがる福江島を満喫しましょう。

時間に余裕があればフェリー旅をしてみましょう。

博多港から深夜出港するフェリー便もあり、仕事終わりに船旅を満喫するのはいかがでしょうか。

航空便も運航しています。

五島列島・福江島の魅力

意外にも広い福江島で、バスや徒歩で名所をまわるのは、時間がかかってしまうので、レンタカーがお勧めです

現存する木造教会堂では、日本最大規模の「水ノ浦教会」で、コバルトブルーに輝く水ノ浦の、入り江を望む丘の上に建っています。

創建は1880年ですが、現在の純白の聖堂は1938年に建てられました。

聖堂内も白を基調としていて、エッジの薄い水色のコウモリ天井や、色とりどりのステンドグラスが美しいです。

キリスト教弾圧の歴史

フランシスコ・ザビエルが来日して以来、キリスト教に改宗していく人が増えた江戸時代ですが、九州の一部地域や長崎でも、宣教師らによって広くキリスト教が広まりました。

しかし、江戸幕府の禁教令が出されてからというもの、キリシタンであった人々は、表向きは仏教徒でありながら密かに、キリスト教の信仰を守り続けてきました。

宗教の信仰の自由が認められるまでは、隠れ(潜伏)キリシタンといわれていた歴史がありますね。

こうして 厳しい弾圧にも耐え抜きながら、日本人の棟梁が建てたとされる教会群は、歴史的にとても貴重だといえるでしょう。

川口春奈の写真集が可愛い

澄み渡ったコバルトブルーの海が、印象的な高浜海水浴場は「日本の渚百選」や、「日本の快水浴場百選」にも選ばれた美しい海水浴場です。

春奈さんの写真集も故郷の福江島で撮影されました。

とっても爽やかなイメージで可愛いですね~

日没時は福江島の夕陽もとても綺麗で、周囲の深緑の山々とのコントラストは圧巻で、ここから九州で一番最後に沈む夕日をみることができます。

一度行って見たい離島ですね

スポンサードリンク

映画のロケ地、断崖絶壁の「大瀬崎灯台」

福江島の西の果てにある大瀬崎断崖は、高さ100~160m海蝕断崖が20キロほど続きます。

激しい風雨や東シナ海の波頭に、打ちひしがれ浸食された断崖絶壁は「九州本土で最後に陽が沈むところ」を、記憶に残すため訪れる旅人が絶えません。

また、作家吉田修一の長編小説『悪人』の映画化で、長崎、福岡、佐賀がロケ地と使われましたが、灯台がキーワードの大瀬崎灯台で、本編を象徴するロケが行われました。

灰色の岬に建つ白亜の大瀬崎灯台が、青い海と大きな空の中に凛と建っています

断崖絶壁に立つ灯台は夜の海を航海する船を守ってくれているんですね

灯台まで行くのが怖いですが、駐車場から灯台までは、遊歩道が整備され絶景を楽しみながら、たどることができ片道20分ほどです。

福江島での宿泊は?

福江空港から車で16分ほどの場所に、リゾートホテル「コンカナ王国」があります。

ホテルはコテージの様な感じで、木のぬくもりを感じますね

自慢は天然温泉の露天風呂と、豊富なメニューのビュッフェスタイルの朝食で、広い敷地内はワイナリーもあり、ブドウの栽培から醸造まで手がけています。

夜は満天の星空を眺めながらの、露天風呂なんて最高にリフレッシュできそうですよね~

さらに鬼岳温泉を楽しんだ後は、きれいな星空を眺めながらワインを楽しめますよ

夜は満点の星空を眺めよう

昼間は青い海と美しい教会群を満喫したら、夜は満点の星空が待っています。

天然のプラネタリム?のような満天の星空が楽しめます。

夏はくっきりと天の川が見られることも。何だか神秘的ですね。

時には流星を見る事もできそうですね

空想するだけでなんだかワクワクしてきました。

春奈さんは、こんな素敵な島で大自然に囲まれて、のびのび育ったんですね  羨ましいですね

自然が豊かと言う事は、不便でもあるので、春奈さんは東京に行くのに、フェリーで9時間掛けて上京してたと言ってましたので、やはり根性がありますね

春奈さんの今後の活躍に期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です