集中力と作業効率を上げる方法は?25分の集中と5分の休憩ポモドール・テクニックだった

こんにちはmiuです。

みなさんは、勉強や仕事を長時間してる時に、なかなか集中できなかったり、疲れて思う様に進まないと感じた事はありませんか?

私もそうでしたが、作業効率を上げ、長時間でも疲れない「ポモドーロ・テクニック」という方法を知り実践しております。

今日は「ポモロード・テクニック」をご紹介しますので参考になさって下さい。

スポンサードリンク

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックとは、25分間の集中と5分間の休憩を、繰り返し行うという時間管理術です。
それによって、仕事や勉強の集中力を高め、生産性を最大限に引き出そうとするものです。

うまく活用できれば、かなり生産性が向上します。
なぜなら、これは「集中」と「休憩」のメリハリをつけるためのテクニックであり、機能すれば「集中力を発揮した時間」がたくさん持てるようになるからです。

具体的なやり方は以下の通りです。

① やるべきタスクを決める
② 25分間、他の事は一切やらずにタスクに集中する
③ 5分間の休憩を取ります
④ これを4回繰り返したら(2時間毎)に30分程の長い休憩を取ります。
大事なポイントは何と言っても、メリハリをつけることです。

タイマーをかけ、25分間は一切他のことに惑わされないようにすることです。
休憩は作業から完全に離れることです

休憩中は、しっかり脳や身体を休ませリフレッシュしてから、再度作業に取り掛かる事により、より集中力が増すのでしょうね。

時間は自分なりにアレンジ 出来る

ポモドーロ・テクニックの時間は、自分なりにアレンジすることで、より実用的になります。
やるべきタスクによって、かかる時間も変わりますし、その人によって集中力が持続しやすい時間の、感覚が違っているからです。

ちなみに、私は今この記事を書きながら、ポモドーロ・テクニックを実践しています。

タイマーには50分の設定をして集中しています。
私の場合、25分では短いので50分集中して10分くらい休憩します。 それを2〜3セットやったらだいぶ疲れるので30分くらいは休みます。

スポンサードリンク

学校の授業もポモドーロ・テクニックだった

学校も50分従業で10分休憩があり、昼休みが1時間ありますから、この方法を取り入れているのでしょうね

こうしてみると、学校の授業は理にかなってたんですね

ポモドーロ・テクニックは,集中力を上げ、生産性を高めるには有効なテクニックですので、ライターさんやpc入力をする仕事の方や、論文なんかを書く方には最適ですね

作業内容にもよるのかもしれませんが、ダラダラと長時間続けるより、集中して短時間で行ったほうが効果的な場合には非常に有効です。

勉強でも仕事でも、どうもすぐに気が散ってしまって、一つのことに集中するのが苦手だという人は、ぜひ試してみてください。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です