有給休暇の取得義務化いつから?来春からパートでも条件を満たせば適応される

こんにちはmiuです。

あなたは来年4月から有給休暇の義務づけが実施されるってご存知でしょうか?

中小企業はどこも人手不足で、過酷な労働を強いられていますので、この制度が出来れば、休みも気兼ねなく取れるのですが、職場で働く人達は人員が減り、更に厳しい状況になってしまいそうです。

いったいどういう制度なのか詳細を調べてみました。

スポンサードリンク

年次有給休暇の取得義務化とは?

働き方改革法案が成立し、すべての会社で、年間の有給休暇消化日数が、5日未満の従業員については、会社が有給休暇を取得するべき日を、指定することが義務付けられました。

働き方改革関連法が、順次施行されるのに伴い、来年4月1日年次有給休暇の取得義務化が始まります。

義務化は改正労働基準法に規定され、年10日以上の有休を付与されている労働者(管理職を含む)が対象です。

現行法では労働者の申し出による取得のみでしたが、5日分については本人の希望を踏まえ、事前に時季を指定して与えられます。

もし違反した企業は、30万円以下の罰金の対象になります。

30万円の罰金は大きいですし、事業主は人手不足の上に、有給休暇を取られては頭が痛い問題ですね

中小企業では、有休取得により1人当たりの業務量が増えることや、取得に消極的な風土が根強く残っています。

しかし義務化を機に、経営者も労働者も意識を変えていく必要があると話しています。

パートでも条件を満たせば適応される

有給休暇の消化日数が5日未満の従業員に対しては、企業側が有給休暇の日を指定して、有給休暇を取得させる必要があります。

このルールの対象となる従業員は、年10日以上有給休暇の権利がある従業員です。

対象となる可能性があるのは以下のいずれかに該当する従業員です。

●入社後6か月が経過している正社員、またはフルタイムの契約社員

入社後3年半以上経過している、週4日出勤のパート社員

入社後5年半以上経過している、週3日出勤のパート

パート勤務でも長年勤続していれば、有給休暇が取得出来るのは嬉しい制度ですね

スポンサードリンク

 週4日出勤のパート社員は?

入社後3年半がたち、直近1年間の出勤率が8割以上であれば、年10日の有給休暇の権利が発生します。

その場合、有給休暇の消化日数が5日未満であれば、改正法による有給休暇取得日指定の、義務の対象となります。

3日出勤のパート社員は?

入社後5年半がたち、直近1年間の出勤率が8割以上であれば、年10日の有給休暇の権利が発生します。

その場合、有給休暇の消化日数が5日未満であれば、改正法による有給休暇取得日指定の、義務の対象となります。

改正法による指定義務の対象外となるケース

  • 計画年休制度によりすでに年5日以上の、有給休暇を付与しているケース
  • 従業員がすでに年5日以上の、有給休暇を取得しているケース

指定義務の具体的な内容

企業に課される、有給休暇取得日指定義務の、具体的な内容は以下の通りです。

基準日から1年間に有給休暇消化日数が、5日未満の従業員に対して、企業側から日にちを決めて、有給休暇を取得させることが義務付けられました。

ここでいう基準日から1年間というのは、次のように、従業員の入社日の6か月後から数えて1年ごとの以下の期間です。

●入社日の6か月後の日~入社日の1年6か月後の日の前日の1年間

●入社日の1年6か月後の日~入社日の2年6か月後の日の前日の1年

●入社日の2年6か月後の日~入社日の3年6か月後の日の前日の1年間

●入社日の3年6か月後の日~入社日の4年6か月後の日の前日の1年間

●入社日の4年6か月後の日~入社日の5年6か月後の日の前日の1年間

こうして働き方改革が進むのはいい事ですが、やはり色々と問題が発生しそうですね

それにはやはり人員を確保しないといけないので、再就職する方は人手不足の企業は、敬遠した方がいい様ですね

早く暮らしやすく、経済が安定する日本になってくれる事を祈ってます。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です