旅サラダ・風間トオルが行った山口の神社の名前は?大願成就の元乃隅稲成神社

  こんにちはmiuです。

先日の「旅サラダ」という番組で、山口の本州最西北の、稲荷神社が紹介されておりました。

海岸から神社まで、真っ赤な鳥居が続いてるのですが、空の青と海の景色の中の真っ赤な鳥居が、とても美しく神秘的で、思わず映像に引き込まれてしまいました。

これは一体日本のどこにある神社なの?  行って見たい衝動にかられ調べてみました。

スポンサードリンク

山口県の元乃隅稲成神社とは?

元乃隅稲成神社は、近年海外の観光客から非常に、注目されている神社です。

アメリカのテレビ局「CNN」の調査で「日本で最も美しい場所31」のひとつに、選出されたことがきっかけで、世界中から熱視線を集めています。

山口県長門市油谷にある「元乃隅稲成(もとのすみのいなり)神社」は、昭和30年に島根県にある「太鼓谷稲成神社」が派生し建てられた、本州最西北の稲荷神社です。

「稲荷」というと日本では京都の伏見稲荷が有名ですが、この元乃隅稲成神社の美しさも一見の価値ありです。

元乃隅稲成神社ができた言い伝えとは?

地元の漁師・岡本斉の枕もとに、真っ白なキツネが現れ「これまでに漁をしてこられたのは誰のおかげか」「われをこの地に鎮祭せよ」と告げられたことがきっかけで、建設されたと伝えられています。

日本には全国で3万社以上の、稲荷神社がありますが、この「稲成」という漢字が使われている神社は、太鼓谷稲成とこの元乃隅稲成神社だけです

元乃隅稲成神社の御利益は?

「成」の字は、〝成就〟に由来していて、様々な願いが叶うといった意味が、込められています。

社(やしろ)は、あまり大きくないものの、商売繁盛・大量祈願・縁結び・子宝・開運厄除・福徳円満・交通安全・学業成就・願望成就といった多くの、ご利益があるといわれています。

まつられている宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の使いが、キツネだったため、お賽銭箱のある裏参道の鳥居には、キツネの石像が置かれています。

元乃隅稲成神社の魅力は?

元乃隅稲成神社の一番の魅力は、丘をくだり海にむかってびっしりと並ぶ、朱塗りの鳥居です。

昭和62年から10年もの、月日をかけて建てられました。

総本数は、縁起のよい123(ひふみ)本で、トンネルは全長100メートル以上続いております。

日本海を望む荘厳な自然の中に真っ赤な鳥居が立ち並ぶ姿は、日本らしさあふれる絶景として、見るひとの心を魅了します。

最近ではこのトンネルが、パワースポットとしても人気を集め、参拝者が急増中です。

断崖にある神社から海に向かって、鳥居のトンネルをくだるのが、一般的な参拝方法です。

トンネル内は、はじめはゆるやかな下り坂で、途中から階段になります。

足元がだいぶ急になっているので、通る際は十分にご注意下さいね

スポンサードリンク

元乃隅稲成神社の断崖

ここの断崖は、「竜宮の潮吹き」昭和9年8月に国指定天然記念物、および名勝に認定された場所です。

岩壁に打ち寄せた波が「竜宮」と呼ばれる波で、削られた洞に入り込み、大きな音を立てながら吹き上げる豪快な様子を「竜宮の潮吹き」といいます。

鳥居のトンネルをくぐり終えた先にある断崖で、運が良いと「竜宮の潮吹き」を見ることができます。

高い時は、しぶきが30メートルにおよぶときも。この現象は、北からの風と海の波が高いときにみられやすいとのことで、秋から冬にかけての時期は、その条件が整いやすく見られるチャンスも上がるそうです。

入れるのがむずかしい賽銭箱

鳥居にならぶ元乃隅稲成神社の必見スポットは、日本一入れにくいと有名なお賽銭箱です。

駐車場の近くにある裏鬼門の、鳥居をよく見てみると、鳥居の上、高さおよそ5メートルの場所にお賽銭箱が設置されています。

お賽銭を投げ入れるには、力いっぱい空にむかって、小銭を放りなげなければなりません!

命中させるのは至難の業です。

ですが、先日のTVでは風間トオルさんが、2回目に見事入りました!

賽銭はなかなか入らないでしょうが、この鳥居をくぐるだけでも、ご利益を頂けそうなので、一度は行って見たい神社ですね

あなたも一度参拝してみてはいかがでしょうか?

きっと運気がアップすると思いますよ

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です