ビビットで話題・ギャル曽根のミラクルレシピ餃子!安い食材で簡単に手早く出来る

 こんばんはmiuです。

今朝の国分太一の「ビビット」という番組で、ギャル曽根のミラクルレシピが紹介されてました。

タレントのギャル曽根さんが、考案した「ヘルシー魚(ギョ)ーザ」です。

安く手に入る食材を使った、アイデア節約レシピです。

今日は、時短でその上ワンコインで出来る、餃子の作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

ヘルシー餃子の作り方

この餃子は、ひき肉を一切使いません。

ひき肉の代わりに使うのは、魚肉ソーセージです。

また白菜やキャベツの代わりに、白菜の浅漬けを使います。

旨味たっぷりの「魚肉ソーセージ」とほど良い塩気の「白菜の浅漬け」です。

ごく普通の餃子と比べると、比較的あっさりした味になると思いきや、意外なほど濃厚でコクのある、餃子に仕上がります。

安く手に入る食材を使った、アイデア節約レシピですよ。

(情報元:TBSテレビ「ビビット」コンビニ食材を使ったギャル曽根のミラクルレシピ 2018年10月8日放映)

※材料【20〜25個分:調理時間25分】

タネ

魚肉ソーセージ

2本

白菜浅漬け

1パック

大葉

10枚

オイスターソース

大さじ1

ごま油

大さじ1

 

餃子の皮

22枚くらい

ピザ用チーズ

好みで適量

作り方

  1. 白菜の浅漬けを粗みじん切りにし、水気をしっかり絞ります。
  2. 大葉を手で叩いてみじん切りにし、魚肉ソーセージをすりおろします。(フードプロセッサーを使ってもOK、大葉はたたくと香りがよく出ます)
  3. タネの材料すべてをボールに入れ、オイスターソース(大さじ1)とごま油(大さじ1)を加え               手でよく混ぜます。
  4. 材料をを餃子の皮で包みます。(好みでピザ用チーズを加えても良い)
  5. ごま油(分量外)を熱したフライパンに、餃子をを並べ、水(分量外)を加えてフタをして、蒸し焼きにしたらできあがり。(皮の色が透明になればOKです)

調理のポイント

この餃子は、オイスターソースとごま油だけで味付けします。

白菜の浅漬けに塩気があるので、塩は加えません。

そして手を使ってよく混ぜます。

この餃子のタネは、ひき肉の代わりに魚肉ソーセージを使います。

また白菜やキャベツの代わりに、白菜の浅漬けを、ニラの代わりに大葉を使います。

スポンサードリンク

この食材で作る利点は?

魚肉ソーセージを使うと、つなぎがいらない上に、加熱時間が短縮できて、旨味を手軽にいかすことができます。

また白菜の浅漬けは、年中安く手に入る便利な食材で、ほど良い塩気が含まれているので、塩揉みする必要がなく、食感の良い餃子ができます。

タネを餃子の皮で包みます。

お好みでタネに、ピザ用チーズを加えても美味しいそうです。

レシピ通りの分量で作ると、ピザ用チーズを使わない場合は、餃子が20個くらいできます。

餃子の美味しい焼き方

ごま油(分量外)を熱した、フライパンに餃子を並べます。

餃子の焼き目はここで付けるか、もしくは蒸し焼きにした後に、付けるといいですよ

そして水(分量外)を加えます。水の量は、80mlくらいがおすすめです。

水を入れたらすぐにフタをして、蒸し焼きにします。

この餃子は、ひき肉の代わりにそのまま食べられる、魚肉ソーセージを使うので、生焼けの心配がありません。

餃子の皮が透明になったら、完全に火が通っています。

水気が無くなったらフタを外し、水分を完全に飛ばしたら完成です。

この餃子は、魚肉ソーセージの旨味が白菜の浅漬けによって、底上げされるので、意外なほどしっかりとした食べ応えがあります。

また味付けは濃厚でコクがあり、その中にさっぱりとした大葉の風味が、良いアクセントになっているので、最後まで飽きずに美味しくいただけます。

チーズの量はお好みですが、加えることで、味がよりマイルドになります。

魚肉ソーセージの風味は、ほとんど感じない様です。

どんな食感でどんな味なのか、全く想像がつかないので、一度作ってからまた感想を追記しますので、しばらくお待ち下さい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です