ガーデニング初心者が初めて植える花はどれ?多年草を地植えで増やすポイント

  こんにちはmiuです。、

秋の園芸シーズンとなりましたが、来春こそ「お庭にお花をいっぱい咲かせたい」と思ってるけど、いつもすぐに枯らしてしまうと嘆いてる貴女に、今日は園芸初心者でも失敗しない方法をご紹介します。

スポンサードリンク

多年草を地植えにして増やす

初心者は、お花を枯らしてしまうと嫌になるので、まず手始めに多年草を植えてみましょう

植えっぱなしOKな植物は、手入れが簡単なだけでなく、丈夫な植物が多いので手間いらずで、季節になると毎年きちんと花を咲かせてくれます。

庭にマーガレットを植える

マーガレットは耐寒性~半耐寒性多年草で、毎年株で大きくなっていきます。

木立性の品種もあり、大きくなると1mを超えるものもあります。

深い切れ込みの入った葉の中に、密集するように花を咲かせるので、見ごたえのある華やかな植物です。

※用土

水はけよく肥沃な土壌を好みます。

地植えは腐葉土を漉きこむなどして、ふかふかの土にしてあげましょう。

※水やり

乾燥気味を好みます。

過度な水やりに注意しましょう。土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

※肥料

基本的に強健な植物です。

花付きを良くしたい場合は、腐葉土などを土に混ぜ込むか、有機肥料を与えます。

※病害虫

被害が出てやっと気づいた時にはもう遅い、という害虫がいます。

それは「センチュウ」です。これは他の害虫と違い、花や葉に着くのではなく、植物体に寄生するので発見が難しいのです。

その為にはマーガレットを植える際、土に薬剤を散布する方法が一番良く効きます。

スポンサードリンク

マーガレットの育て方

※苗の選び方

マーガレットの苗は春ごろに出回ります。

苗は、株元からしっかりとしていて、ぐらついていないものを選びましょう。

葉茎の先端をよく見て、花芽がたくさんついているものを選ぶと、長くお花を楽しめます。

※剪定・切り戻し

花が咲いた後に切り戻しを行います。

春の花が終わったら、花の終わった枝を切り戻します。

切り戻しをすると、わき目から秋に二番花を咲かせてくれます。

秋の花の咲いた後は、大きく草丈が伸びたものを、半分以下に切り戻します。

こうしておくと、翌年新しい枝に花芽をつけ株がさらに大きく育ちます。

1株植えておけばお花は、春と秋2回咲きますし、株は切り戻ししておけば、どんどん大きくなり、花数も増えます。

※増やし方(挿し木)

マーガレットの増やし方として一般的なのは挿し木です。

太くしっかりとした茎を選び、水が落ちやすい穂先をカットします。</p>

過度な水分の蒸発を避けるために、2~3枚の葉を残し他の葉は落とします。

 

しっかりと水につけて吸水させた後、水はけの良い土に挿して根が出るのを待ちます。

まとめ

マーガレットは春と秋に2回開花し、挿し木で簡単に増やす事が出来ます。

また切り花にも最適ですから、少し慣れたら庭にかすみ草を植え、薔薇を育てると、もうお店で買わなくても素敵なアレンジメントフラワーを作る事も出来ますね

こんな事を考えてると、なんだかわくわくしてきますね

地植えなら、マーガレットがいいですが、プランターならマーガレットの一種の、ノースポールとチューリップを寄せ植えにすると、赤と白のコントラストがとっても綺麗ですね

マーガレットやビオラで、お庭が華やかになったら、次はバラに挑戦してみましょう

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です