秋ドラマ2018お勧めはこれ!黄昏流星群・あらすじやキャストの役柄を検証してみた

 おはようございますmiuです。

もうすぐ10月で、秋の新ドラマがスタートします。

先日は織田裕二と鈴木保奈美が、27年ぶりに共演する「スーツ」のあらすじを記事にしました。

今日は人生の折り返し地点で恋をした、中年の男女のラブストーリー「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」のあらすじを調べてみました。

スポンサードリンク

この秋・注目のラブストーリーは?

弘兼憲史原作、佐々木蔵之介主演の、人生の岐路にたたずむ男女の、切ないラブストーリーとは?

黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~
フジテレビ系 毎週木曜 22:00~22:54
放送スタートは2018年10月11日(初回のみ 22:00~23:09)です。

中年の男女が織りなすラブストーリーとは、一体どんなドラマなんでしょうか?

女優は黒木瞳さんや中山美穂さんで、熟女の演技が見どころの様ですね

このドラマの内容

人生の折り返し点が近づき、この先の人生を考え始めた大人たちが、黄昏の空にきらめく流星のように、最後の輝きを模索するラブストーリーです。

1995年から「ビッグコミックオリジナル」でロングラン連載されている、弘兼憲史の同名コミック第1集「不惑の星」をベースに、図らずも落ちてしまった、あらがえない運命の恋と、それを取り巻く人々の人間ドラマを描いてます。

スポンサードリンク

このドラマのキャスト

(佐々木蔵之介 / 瀧沢完治役)
若葉銀行の行員として仕事にまい進し支店長まで登り詰めるが、出世を目前に左遷され、取引先の倉庫会社に出向することに。仕事一辺倒だった自分の人生に疑問を抱き始め、家族に出張と偽って訪れたスイスで、栞と運命の出会いをする。

(中山美穂 / 瀧沢真璃子役)
完治の妻。恋愛結婚し、専業主婦として家族を支えてきた。完治の浮気を疑うが口にできず、娘・美咲の婚約者である春輝の存在が心の支えになっていく。

(藤井流星 / 日野春輝役)
美咲の婚約者で、将来を期待される若手弁護士で、最初は美咲の母として真璃子に接していたが、離婚の相談に乗るうちに真璃子にひかれている自分に気付きます。

(石川恋 / 瀧沢美咲役)
大手商社に勤務する、完治と真璃子の一人娘、今まで両親に心配を掛けたことのない、しっかりした性格。仕事一筋で家庭をあまり顧みてこなかった完治には反発しているが、母・真璃子とは仲良しです。

実は母・真璃子にも言えない、大きな秘密を抱えていました。

(礼二 / 川本保役)
完治の出向先の物流会社「荻野倉庫」の財務総務課長で、現場からのたたき上げで、銀行から出向してきた完治をよく思わず、つらく当たります。

(八木亜希子 / 水原聡美)
大学時代からの真璃子の友人で、バツイチの翻訳家で、長年イギリスにいた経験や、新情報に頻繁に触れる職業柄、真璃子に助言をします。

完治とも大学からの旧知の仲で、おしゃべりで快活な性格です。

( 黒木瞳 / 目黒栞役)
完治が旅先で出会う運命の女性で、母親の介護を続けてきて、独身で、感性豊かで芯が強い女性です。

このドラマのあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、仕事一筋で努力を積み上げ、支店長まで登り詰めたエリート銀行員で、恋愛結婚した妻の真璃子(中山美穂)とは、最近では会話も減り、年頃になった一人娘の美咲(石川恋)とも距離ができていましたが、平穏な日々を送っていました。

そんなある日、完治は理不尽な理由で、取引先への出向を命じられます。

ショックを隠しきれず、出張と偽り海外へ旅に出た完治は、スイスのアルプスで、同じく単身旅行中の目黒栞(黒木瞳)と出会い急接近します。

セクシーな黒木瞳さんの演技も見どころですね

一方、完治が浮気をしているかもしれないと、疑う真璃子も娘・美咲の婚約者・日野春輝(藤井流星)と、禁断の恋に落ちてしまいます。

娘の婚約者と恋仲になるなんて、それはしてはいけない事でしょ

母と娘の泥沼劇のスタートですか? 殺し合いになりそうな雰囲気ですが…

歳の差は幾つなんでしょうか? 円熟した中山美穂さんの演技も見どころですね

ドラマの展開も楽しみですが、母娘のバトルもきっと迫真の演技でしょうね

人生の折り返し地点に差し掛かっても、恋が出来るなんて羨ましい限りですね

私達も磨きをかけて、いつまでも若く美しく魅力的でありたいものです。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です