不倫に走る50代女性の心理は?夫はすでに男ではなく最後に女性として輝きたい

  おはようございますmiuです。

昨日は恋多き、松田聖子さんの記事を書きましたが、あなたの最後の恋はいつでしたか?

私は、今はもういにしえになりましたが、40年前に主人にときめいた時期がありましたね

今振り返れば、あの頃が人生で一番楽しかったですね~

 以前は40代後半の女性たちが、更年期にさしかかって、「もう今しか恋をする時期がない。50歳を越えたら恋愛なんかできない」とせっぱつまった気持ちになってましたが、今はその危機感が50代後半になってきています。

50代女性の恋は、芸能人だけでなく一般女性にもあり、いずれも恋をしていることで、元気で生き生きしているように見えます。

今日はなぜ50歳の分別のある女性が、不倫に走ってしまうのか調査してみました。

スポンサードリンク

今時の恋愛事情とは?

恋愛事情も今は以前と違い、変化してきておりますが、50歳より上の世代が「結婚するまで女性は自分を大事にしなければいけない」という事を親や、世間から押しつけられてきたのと違い、今の世代は「恋愛のひとつやふたつしてから結婚したほうがいい」「同棲くらいしてから結婚したほうがいいのではないか」という価値観の中で育ってきました。

また恋愛への抵抗感も少なく、男性と接することイコール、恋愛ではないことも割り切っています。

当時の曲を流す「バブル時代を復活させたディスコ」には今、多くの50代女性たちが通っています。

中には若かりしころの、ボディコンファッションの女性もいて、そういう場所では新たに、恋愛も勃発しやすいと彼女たちは語ってます。

30歳前後で結婚した彼女たちも、もう子どもたちが成人、独立した世代で、改めて自分と向き合い、仕事や趣味に前向きになっています。

40代後半になってから、久しぶりに仕事を始めた女性は、社会と再度接点をもってみて、独身時代に戻ったような新鮮な気持ちになります。

封印していた恋愛感情は、社会に出るとすぐ戻ってきて、彼女たちは職場の年下上司と、恋に落ちてしまうのはよく聞く話です。

一昔前なら、既婚なのに恋をしてしまった、どうしよう……と戸惑う女性が多かったのですが、今どきの特徴として、不倫をしている女性たちに罪悪感はないそうです。

それは「結婚と恋愛は別」だからだそうです。

50代の不倫

2017年、不倫報道で話題になった藤吉久美子さんも、活動自粛に追い込まれた斉藤由貴さんも50代です。

相手もともに50代後半で、50代女性の不倫が世間を賑わせました。

「50代でも不倫なんてするの?」と若い人は驚くかもしれませんが、確かに20代から見たら「50代の恋なんてイタイわ」と思うでしょう

でも、50代になればわかりますが、恋心に年齢は関係ないということです。

そして互いに家庭があるけど出会ってしまった。

ふたりとも独身時代に出会っていたとしても、恋に落ちなかったのではないかと思います。

家庭も含めて今までの人生があって、ここで出会ったから恋になったのです。

そう考えると、これも貴重な出会いなんだろうと感じます。

スポンサードリンク

最後に女性として輝きたい

現在は、携帯が普及して、電話やメールが出来るようになったため、不倫がしやすくなり今はスマホで、ますます連絡が簡易になりました。

携帯電話の初期時代は週末、家で携帯ばかり気にしているのは、おかしいと言われたものですが、今はいつでもスマホを握りしめていても「ゲームやってる」で済んでしまうのです。

不倫カップルが「思いつめる」ことが少なくなっているのも、酸いも甘いもかみ分けた、世代だからこそでしょう

これが最後の恋かもしれないと思うと、切なさゆえに燃えるところもあります。

子どもたちも成人した今、これからはひとりの女性として自由に生きたい。

女として最後に輝きたいから…    夫はすでに「男」ではない。

異性を意識することによって、自分が輝けるからです。

不倫男性との逢瀬は、辞められないくらい女性として、幸せなひと時なんでしょう

なんか解る気がしますね  不倫願望も離婚願望も、みんな持ってるものなんです。

ただそれを実行に移すか、理性が働いてブレーキを掛ける事が、出来るかどうかだと思います。

人間感情のおもむくままに、動けたらどれほどいいでしょう  うらやまし~い

私の知人である程度、歳を重ねた夫婦はお互いにそれを認め、公然とw不倫してる方もおられます。

それはそれでいいんじゃないでしょうか? 家庭さえきちんと守れていれば…

さてあなたはどういう選択をされますか?

私はもし主人が亡くなっても、面倒くさいので、一人で生きる道を選びます。

50代の恋愛は多いに結構ですが、くれぐれも悪い男に引っ掛からない様に気をつけて下さいね

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です