LINEモバイルCMの女優が改名したのはなぜ?事務所との騒動のすべてが判明した

  こんにちはmiuです。

現在は携帯もスマホが主流で、電話やメールはLINEを使用する方が、どんどん増えてますね

私も携帯をスマホに変えて1年になりますが、最初はLINEの使い方が解らず、SMSでメールを送信しておりましたが、文字数に制限があるので、やはりLINEがいいですね

また画像も送れるので、今は携帯がもう手放せなくなっております。

ところでLINEモバイルのCMの女優さんは、NHK朝ドラ「あまちゃん」に出演してた、能年玲奈さんだとわかったのですが、現在は「のん」さんに改名して活躍してますが、どうして改名したのか調べてみました。

スポンサードリンク

能年玲奈が改名した理由は?

NHK朝どらの「あまちゃん」で大ブレイクした能年さんですが、独立引退騒動の発端はまさに、「あまちゃん」直後でした。

騒動は2014年6月に、 所属事務所「レプロエンタテイメント」との契約更新時に、一方的に「退社」の意向を伝えたということです。

しかし、所属事務所としては、大ブレイクしている能年玲奈ちゃんを、手放すわけにはいきません!

それでギャラの交渉などをして、引き留めようとしていたんです。

そんな時、能年玲奈ちゃんから出された要求は、女優としての仕事に関するNG項目でした。

その内容は

  • キスシーンNG
  • お色気シーンNG
  • 戦争映画NG

これでは所属事務所も、お手上げ状態だったのかもしれません。

この交渉がもめにもめ、能年玲奈ちゃんは代理人を立て、直接交渉することもままならない状態になってしまいました。

一応の契約更新はしたものの、ここでできた溝を埋めるのはちょっと難しい状況になってしまいました。

なんの仕事も同じですが、人間関係は一度壊れると、なかなか修復するのは難しいですよね。

スポンサードリンク

演出家の滝沢充子さんが黒幕?

能年さんは、演出家の滝沢充子さんと同居してると、噂されてますが本当なんでしょうか?

演出家の滝沢充子さんは、能年玲奈ちゃんとの付き合いは長く、「あまちゃん」に出演している時から演技指導をしてきたようです。

何でも、能年玲奈ちゃんの持っているイメージを崩さないように、と事務所の契約更新時にNG項目を出したのも、滝沢充子さんだと言われています。

また、能年さんの新しく設立していた個人事務所「三毛andカリントウ」の代表取締役に能年玲奈ちゃんと、滝沢充子さんの名前が記載されているので、滝沢さんが黒幕ではないかとも憶測されております。

個人事務所設立時に、代表取締役を連名にするというのは、2人の間には相当の信頼関係が築かれてると思われますね

だからちまたでは、能年さんは演出家で年上の滝沢さんに、洗脳されてると噂されたのでしょう

でも若い人が親しい年配者の意見に、従う事は世間一般にはよくありますよね。

2014年12月公開の映画「海月姫」を最後に女優活動が、途絶えてしまった女優の能年玲奈さんは、事務所に無断で独立を計画したために、騒動を引き起こしてしまいましたが、個人事務所の設立理由は、絵を描くのが趣味だった能年玲奈さんが「絵本を出すため」だったと述べています。

まとめ

能年玲奈さんが改名した理由は、かっての所属事務所レブロエンタテイメントからの警告があり、のんさんは「能年玲奈の名を名乗って仕事する時は、契約満了後でもレブロエンタテイメントの許可を取らなければいけない」との事です。

能年玲奈さんは数年前に起こった、事務所独立洗脳騒動により芸能界から、された状態になってしまいましたが今では名前を「のん」と改名し心機一転を計っています。

LINEモバイルのCMは「のん」に改名してからの仕事で、これを機にまたブレイクする事でしょう

「のん」さんの今後の活躍を期待します。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です