こども食堂って何?どこにあるの?全国に広まった理由は必要とする子供達がいたから

 おはようございますmiuです。

先日は戦慄かなのさんが、親から虐待されてる子供達を救い、食事を満足に与えられてない貧困のこども達を救う、NPO法人を立ち上げる為に、色々資格を取り、準備をしてるという記事を書きました。

最近、若者世代で離婚する夫婦が増えて、ひとり親家庭が多くなり貧困層が広がっているのが、社会的に深刻な問題になっております。

その為、親の収入が少ないとか、親が育児放棄で家に帰らず、満足に食事が出来ないこども達が増えております。

戦慄さんは、そんなこども達の為に「こども食堂」を作る為に立ち上がりました。

「こども食堂」とはどんな活動で、どこにあるのか興味があったので、早速調べてみました。

スポンサードリンク

こども食堂の始まりは?

戦慄さんが、作ろうとしてるこども食堂とは、どんな所で、どんな子ども達が利用できるのでしょうか?

子ども食堂とは、地域住民や自治体が主体となって無料または、低料金で子ども達に食事を提供する、コミュニティの場を指します。

現在、全国に150箇所以上も広がる子ども食堂ですが、その発祥はどこだったのでしょうか。

子ども食堂のはじまりは、東京都大田区にある「気まぐれ八百屋だんだん」の店主であった、近藤博子さんが2012年に、作ったのが始まりです。

「子ども食堂」を立ち上げたきっかけは、朝ごはんや晩ごはんを、当たり前に食べられない子どもの存在を、知ったことだと話されています。

日本の社会に隠れた「見えない貧困」を目の当たりにした近藤さんは、自分の手でできることとして「子ども食堂」をスタートさせたのです。

一個人が一念発起して、こんな素晴らしい事をはじめたんですね

そして、そんな近藤さんの「子ども食堂」の事を知った、東京都豊島区の子ども支援をしていた「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」栗林知絵子さんが取り入れ、瞬く間に広がっていきました。

子ども食堂が全国に広がった理由

子ども食堂が2012年にスタートを切り、その活動が短期間に全国に広がったのには理由があります。

ひとつは、政府が2009年に初めて、相対的貧困率(世帯所得が標準的所得の半分以下の割合)を公表したことで、表面上は見えてこない貧困層の存在が、社会的に認知されるようになった為でしょう。

もうひとつの理由は、子どもの貧困層が増加していることが挙げられます。

子どもの貧困世帯は、ひとり親の家庭が半数を占めており、孤食も併せて問題として取り上げられるようになりました。

このような子どもの、食事難や孤食に対する問題は、親の就職状況や離婚状況が深く関連しているため、根本的解決方法を見つけるのが難しいのが現状です。

しかし、「難しいことは置いて、とにかく目の前の子どもたちに、美味しくて温かいご飯を食べてもらおう」と一石を投じているのが子ども食堂なのです。

スポンサードリンク

こども食堂を必要とする子ども達

日本には、満足にご飯が食べられない世帯が、どれほどいるのでしょうか。

驚くことに6世帯に1世帯が、食料に困った経験があるとされています。

それを裏付けるように、国立社会保障・人口問題研究所が2012年に行った「生活と支え合いに関する調査」では、過去1年間に経済的な理由で、家族が必要とする食料が買えなかったという、経験を持つ世帯は14.8%という結果がでています。

このように日本では、一見貧しさとは縁がない家庭にも、貧困の手が迫っているのです。

悲しい事ですが、本当に厳しい現実ですね

私の娘も離婚して10年間、女手一つで息子2人を育ててましたが、娘は愚痴もこぼさずWワークで、必死で働いて生計を立てていました。

私はそんな娘を見かねて、「そんなに頑張って身体を壊すといけないから、もっと仕事を減らし倹約して、暮らせばいいのに」と言いました。

すると「子供達に一人親だからと、卑下する事だけはさせたくない、貧困家庭でなく普通の生活をさせたいから、子供達の為に一生懸命働くと娘の言った一言に涙しました。

今思えばこの時の、娘の頑張りのお陰で貧困に陥らず、貧困層の中に自分たちの孫が入ってない事を幸せに思います。

その後、娘の頑張りが実り、息子達が高校生になった昨年の春に、いい方とのご縁があり今は再婚して家族仲良く暮らしております。

これから、ひとり親世帯がますます増え貧困や、親の帰りが遅くなって、まともにご飯が食べられないこども達を救う為にも、こども食堂の活動がなくては、そんなこども達を救えませんね

何年か前にうちの近所に、こども食堂が出来たと知って、いつか時間が取れたらお手伝いに行きたいと思ってました。

幸いうちの孫たちは、利用せずに済みましたが、最近、開催してる情報が見つからないので、やはり運営が厳しくなって閉店した様で残念です。

これまで利用してたこども達も、困ってると思うのでなんとかまた再開してもらいたいですね

その為には、やはり地域の住民の方の協力が必要ですので、自治体が主になり活動していくべきだと感じます。

この活動が広まり、全国の貧困家庭の子供達に手を差し伸べてあげたいですね

今日も最後まで読んで頂き有り難うございました、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です