高畑充希と草刈正雄主演のドラマとは?68歳の新入社員のあらすじと2人のコメント

 こんばんはmiuです。

今朝は高畑充希さんが、NTTドコモのCMでXJAPANの「紅」を、アカペラで唄いその歌唱力の凄さと、この動画の再生回数の、凄さについて記事を書きましたが、高畑さんは、これまでにもいくつものドラマに、出演して高視聴率を上げております。

今回は、草刈正雄さんとダブル主演してるドラマ「68歳の新入社員」について調べてみました。

働き方革命が取沙汰されている今、定年退職してからの働く方が増えていますので、この番組はそんな世代の私達にとっても興味深いドラマですね

今日は、高畑充希さん主演のドラマの、あらすじを調べてみました。

スポンサードリンク

「68歳の新入社員」のあらすじ

女優高畑充希(26)と俳優草刈正雄(65)が、6月18(月)フジテレビ系スペシャルドラマ「68歳の新入社員」にダブル主演することになりました。

39歳差の2人は初共演です。

この作品は、「ビーチボーイズ」「最後から二番目の恋」などで知られる、岡田恵和氏(58)によるオリジナル脚本です。 

老舗の和菓子会社を舞台に、高畑さん演じる28歳のバリバリOL・工藤繭子と、草刈さん演じる68歳の部下・仁井本和夫の40歳差コンビが織りなすヒューマンドラマです。

高畑さんが演じるのは、老舗の和菓子会社にヘッドハンティングされた、バリバリ仕事をこなす28歳のOLです。

新規事業開発を担当する、若手5人のチームのリーダーを任されています。

いっぽう草刈さんは同社を、定年まで勤めあげて引退、娘2人も結婚して妻と2人暮らしをしていましたが、若社長からの声掛けで復帰し、再入社した68歳の元総務担当者です。

スマホを扱うことすら出来ず、経験のない業務内容にも、40歳も年下の女性上司の下で、忠誠を誓ってチャレンジする“68歳の新入社員”を演じます。

価値観も世代も、性別も立場も違う2人が、数々のハードルを乗り越えて行きます。

高畑充希さんのコメント

高畑さんは「脚本が素晴らしく、せりふが脳みそを通らずに言うだけで、その気持ちにしてもらえた。草刈さんとの掛け合いも、満たされすぎて怖いくらいの、瞬間が何度もありました。連ドラになればいいのに! 言うのはタダですよね(笑い)。どの世代の方にも、突き刺さるドラマだと思います」

スポンサードリンク

草刈正雄さんのコメント

草刈さんは「すてきな本だったので、やれるのは役者冥利(みょうり)に尽きる。高畑さんは前から気になっていた女優さんだったので、共演できて嬉しかったです。このドラマは、これからの時代のテーマではないでしょうか」と話しています。

高齢化社会、働き方改革が注目される中で、現代社会の問題点をハートフルに描き出す、ヒューマンドラマです。

まとめ

このドラマを見て感じた事ですが、私も現在、歳の差45歳の20歳の後輩を指導しておりますが、育った時代の違いや、価値観が違い過ぎ最初は戸惑いました。

ミスを多目に見て、手直しをするとそれが当たり前になり、だんだん嫌な仕事はしたがらない、注意をすると、ふてて態度に現す様になる始末でした。

あげくには、遅刻、早退、欠勤が続きほとほと手を焼き、自分のわがままが通らない事を解らす為に、ここで心を鬼にしないと駄目と思い、まだ仕事の途中でしたが、一人でやる事で人の痛みのわかる人間になって欲しいとの思いから、後輩を一人残し帰った事がありました。

その数日後、あの日は夜21時までかかり、とても不安でした。先輩が自分が休んだ時に一人でやってる事が大変だとわかりました。すみませんでした。とあやまってくれました。

それからは、仕事も嫌がらず一生懸命する様になりました。

そして、今は私よりもてきぱき仕事を、こなせるように成長したので、あの時突き放した事がプラスになったと実感しております。

このドラマの様に年齢差は関係なく、お互いの長所を認め合い、足らない所は補いながら問題を、解決していけばいいのではないでしょうか?

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です