徳永英明の病気と現在は?もやもや病克服完全復帰とデビューから現在までの経緯

 こんにちはmiuです。

昨日は徳永英明さんの、コンサートの記事を書きましたが、シンガー・ソングライターの徳永英明さんが、脳血管の異常で起きる難病「もやもや病」を見事克服し完全復帰しました

1980年代から90年代にかけて、ヒット曲を連発し2000年代に入ると、女性歌手の名曲をカバーした「VOCALIST」シリーズが話題になりました。

私の好きな曲が沢山カバーされていて、とてもよかったです。

そんな徳永さんですが、実は長い間病気と闘う日々を送っており、大変な時期を数々乗り越えてきました。

今日は、徳永英明さんが、もやもや病を克服して完全復帰した経緯を調べてみました。

スポンサードリンク

徳永英明さんの病気はもやもや病だった

徳永さんは、1986年のデビューから走り続けていました。

コンサートツアーを始めとした、音楽活動は目白押しで発表した歌はいくつもの音楽賞を受賞し、他の歌手にも楽曲を提供してました。

また書籍や写真集も出版したり、得意なサッカーを生かしてワールドカップ取材も経験し、サッカー番組の司会もこなしてました。

当時は超多忙で「全然寝ていなかったですね」と言われてました。

そんな過酷なスケジュールにもかかわらず、体調管理はおろそかで、酒もたばこも好きだったし、コンサートが終わった後でも、マージャンやテレビゲームで夜を明かしてた様です。

「悪い生活習慣のオンパレード。バカだったんです」と当時を振り返り反省してます。

その当時の状況は「なんとなく体はだるく頭が痛むこともあったが、乗り切れていた。ただ、体はすでに危険信号を発していた。その頃から、手足の脱力など一過性の虚血性発作は時々出ていた」と言われてます。

この頃から、身体の不調を感じだし「どこが悪いんだろうと思って何回か脳外科にも行ったんです。でも異常なしって言われていたから」疲れが蓄積しての事かとも思っていた様です。

しかし、そんな生活が続いていた2001年5月、突然、異変が起こったのです。

歌っていて急に、歌詞が出てこない。これが、脳血管の難病「もやもや病」の発症でした。

脳梗塞と同じ位怖い脳の病だったんですよね

私の主人もそうでした、今振り返れば前兆があったのにそれを、単なる疲れだろうと、やり過ごしていて突然倒れてしまい障害が残ってしまいました。

前兆は必ずありますので、病気を未然に防ぐ為には、それを絶対見逃さない事です。

スポンサードリンク

徳永英明さんのこれまでの経緯

徳永さんは、19歳で上京し、アルバイト生活をしながら、オーディションを受けデビューのきっかけを待っていましたが、なかなか陽の目をみることはありませんでした。

そこで、TBS緑山塾に入ることになりました。

TBS緑山塾では、芸能界の厳しさや「努力をしている人が勝つ」ということを学び、喫茶店でアルバイトをしながら、デモテープ製作を行っていました。

スタジオが近い喫茶店で働くことで、客が音楽関係者であると、すかさずデモテープを渡していたといいます。

こうして地道に、自分を売り込む努力の甲斐あってその後、シングル『Rainy Blue』でデビューします。

そして『輝きながら…』のヒットでブレイクしましたが、自身で作詞作曲も行っているため、他人が書いた曲でヒットしたことにジレンマのようなものを感じ、素直に喜べなかったとのことです。

その当時、曲を作る上でスタッフとの摩擦が生じ始めるようになり、1990年に事務所を独立しました。

その後プライベートオフィス「マゼラン」を設立し、自分自身の歌いたい曲を、ようやく作れるようになりました。

ところが、1993年1月に声帯ポリープで手術を受けざるを得ず、その後に立て続けに咽喉炎や急性扁桃炎を患うことになります。

歌手にとってのどの病気は、致命的で本人はとてもショックだった事でしょう

そして、この頃から次第に手に力が入らなくなったり、異常な疲労感を感じたりするようになりました。

今思えばきっと、これが大きな病気の前ぶれだったのに、気付かなかったんですね

もやもや病は2001年の、コンサートツアー中に突然徳永さんを襲いました。

コンサート中に歌詞が浮かばなくなり、その後頭痛で崩れ落ちるように倒れてしまいました。

この後のコンサートは当然中止となり、しばらく活動休止となってしまいました。

もやもや病はどんな病気?

徳永さんのに発症した「もやもや病」という言葉は、なかなか聞き慣れない言葉ですよね。

もやもや病は、「ウィリス動脈輪閉塞症」とも呼ばれ、脳に血液を送る動脈が詰まり、不足した血液を補うために、周りから細い血管が発達する、原因不明の脳血管疾患です。

この細かい血管が撮影検査で見てみると、タバコの煙のように「もやもや」と見えることから「もやもや病」と名づけられています。

脳の病は本当に怖いです、一番大事なのは、やはり血管の柔軟性や血流をよくする事の様です。

徳永さんは2001年に、もやもや病になりましたが、この時は比較的軽かったので投薬での治療で、2002年には再び活動を再開しましたが、2016年には、病気が再発し手術を受けて活動休止し、治療に専念してました。

そして2017年11月完全復帰し、全国ツアー開催を決定されました。

ファンにとっては本当に待ちに待った全国ツアーです。

もうあの透き通る様な、徳永さんの美声は聞けないかもしれないと思ってたので、とても嬉しいです。

無事に全国ツアーが終わる事を祈っております。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です