ガクトは仮想通貨スピンドルで倒産!震災ビジネスしたりファンクラブ運営費を脱税

  こんにちはmiuです。

ガクトさんが仮想通貨スピンドルで、倒産してたと噂されてますが、調べて行く内に過去に、ガクトさんに黒い噂が流れてた事がわかりました。

新潟県中越地震の時に、震災ビジネスをして大儲けしたとか、ファンクラブの会費を脱税したとか、また最近では、ビットコインを始めたが、失敗したとか囁かれていますので、真相はどうなのか調べてみました。

スポンサードリンク

ガクトの震災ビジネスとは?

2004年に。、新潟県中越地震が発生しました。

そして、この地震が発生した3年後の、2007年の事です。

ガクトさんは新潟県中越地震の、チャリティグッズを販売しました。

そのグッズはキーホルダーや、ブレスレットで数千個売れたそうです。

その売上は数千万円に登るそうですが、最終的に義援金として、寄付されたのは200万円だったそうです。

残りの1800万円以上は、どこに消えたのでしょうか?

そして、2011年には東日本大震災が発生しました。

その発生から数日後、ガクトさんは被災者を対象にした、募金SHOW YOUR HEARTを設立します。

そこで使われた銀行口座が「ハンゲーム」などを運営する韓国の会社「NHN」の日本法人「NHN JAPAN」の口座になっていました。

この問題は大きく取り上げられ、ガクトさん本人がブログで、弁解をするという異例の事態に発展しました。

震災の義援金は、約4億円も集まったそうなのですが、寄付されたのは2億円だそうです。

桁はずれの金額ですが、残りの2億円の行方は…?

こうした経緯もあり、ガクトさんは被災地ビジネスをしているのでは?

と疑われても仕方ないですよね

釈明出来るのでしょうか?

もしこれが事実なら、被災者を思いやる心なんてひとかけらも無く、到底許される事ではないでしょう

本当に腹立たしい限りです。

スポンサードリンク

ガクトが脱税してた

実はガクトさんは2014年に、脱税疑惑を掛けられたこともあるようです。

どういった内容かというと、ガクトさんのファンクラブの運営費を水増しして、総額5800万円を脱税したとして、ファンクラブを運営していた「DEARS」の取締役などの3人が逮捕されました。

運営に携わっていなかったということで、GACKTさんにはお咎めはなかったとのことですが、疑惑は払拭できませんでした。

しかも、ファンクラブのファンから集めた、数億円の運営資金も「使途不明」という事が判明しました。

調べれば調べるほど、ガクトさんの黒い噂が目立ちます。

しかし信じられない事ですが、これは本当に事実なんでしょうか?

ガクトの仮想通貨スピンドルとは?

GACKTといえば昨年、仮想通貨「スピンドル」関連事業への参画を発表し、大きな話題を集めました。

一部でGACKTコインとも呼ばれる仮想通貨・スピンドルが、5月に海外取引場で上場を果たしました。

しかし価値は上昇することなく、通貨を買った時期によっては5分の1以下まで暴落してしまいました。

5月24日発売の「週刊新潮」が、ガクトさんの所属する事務所が、倒産していたと報じました。

同事務所は、ガクトさん一人が所属する個人事務所の様です。

記事によると、ガクトさんの個人事務所『G-PRO』が、4月24日付で東京地裁の命令による、特別清算が開始されたとの事です。

倒産の事情については、不明と前置きしつつ、関係者は数億円単位の使い込みの疑いがあるとの事です。

今回のガクトさんの事務所に関する、ネガティブな話題が出たことで、投資家からは『えぇ!事務所倒産ってマジ?震えが止まらない』『大丈夫なのか?信じた人間を裏切らないでくれよ、GACKT』『お金返して!』と話題騒然となっております。

本当に世の中、もう誰も信じられませんね、そう甘い儲け話はありません。

みなさんもくれぐれも美味しい儲け話には決して乗らない様にお気をつけ下さい。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です