「夫が倒れた!」その時取った妻の行動とは?幾多の困難を乗り越え掴んだ幸せ!

miuのサイトへようこそ!

はじめまして!

64歳にして、パソコン初心者の私が、ひょんなきっかけで、ブログに初挑戦する事になりました。

スポンサードリンク

自己紹介

miuは、岡山県倉敷市の、田舎町に住んでる、もうすぐ定年を迎える、小柄でパワフルな

可愛い?ばあばです。

家族は、ノー天気で優しい障害者の夫と、愛犬のチワワ

近くには、娘と男子高校生の、孫2人が住んでます。

これだけ聞けば、ただの平凡な主婦かなと思いますが、今の平凡な暮らしを手に入れる迄に、幾多の困難を乗り越えて、今の幸せを手に入れました。

幸せって何?

皆さんは、幸せって、何処にあると思いますか?

ほら、あなたのすぐそばに、幸せの青い鳥が居ますよ!

私も以前は、理想ばかり追い求め、自分は運が悪いとか、不幸だとか、ネガティブな事ばかり考えて、暮らしてました。

今振り返れば、とても幸せだったのに、それに気づかずに暮らしてました。

決して裕福な、暮らしではないけれど、夫が17年前に脳出血で倒れる前の、何気ない暮らしを取り戻せた事が、今は幸せだと感じます。

スポンサードリンク
 

晴天の霹靂

念願の、マイホームも購入し、田舎の母も引き取り、一人娘の結婚式を2週間後に控えたある日、全く何の前触れもなく、昨日迄元気だった働き盛りの主人が、48歳の若さで、突然倒れたのです。

医師から、このまま植物状態になるか、もし意識が戻っても、一生車いすの生活でしょう、と言われた時の絶望感!!

幸せな家庭の崩壊

昨日までの、あんなに幸せだった自分の人生が、一瞬にして激変してしまいました。

その後、マイホームも手放す事になり、正常に機能しなくなった主人の脳との、戦いが始まりました。

生活を支える為に、幾つも仕事をこなし、ついにぶっ倒れ入院し、働けなくなり気がつけば、借金地獄で、うつにもなり、いっそこのまま2人で死んでしまおうと、考えた事もありました。

誰にも悩みを、相談出来ない苦しみや、涙をこらえる辛さ、夜になるといい知れぬ不安が、襲って来ます。

決して諦めない心

そんな時、叔母から「なにくそ魂」を忘れるな「なにくそ!なにくそ!と、向かい風に向かい進むと、嵐が去った後に、必ず虹が見えるから頑張れ!」と叱咤激励され、又親友からは「風雪に耐えて陽春を迎えん!」「念ずれば花開く」と言う、色紙を頂きました。

その頃読んだ本に「幸せはあなたの心の中に」「困難の向こうには、新しい世界が待っている」この言葉にはっとしました。

それ迄は、どうしても現状を受け入れらず、意固地になっていましたが、現状から逃れられないのなら、考え方を変えて、生きてみようと思いました。

全てに感謝の心を持って生きる

後遺症は残ったけど、寝たきりでない主人に感謝し、自分が健康で、働ける事への感謝!

住む所がある事への感謝!こうして数え上げる、と沢山の感謝に気づきました。

そして「絶対に、元の平穏な日々を、取り戻す」と言う、私の一念と努力が実を結び、ようやく主人も一人で歩ける様になり、平穏な日々が戻って来ました。

私が、ブログを始めたのは、人生も終盤に向かい、自分の人生を振り返りながら、このサイトを、訪れて下さった方々と、井戸端会議で花咲けば光栄です。

これからも、色んなブログを、更新して行きますので、宜しくお願いします。

私のつたないブログを、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です