福原愛が父親の借金完済?絶縁したのは契約金1億以上借金返済に使われた為

こんにちは、miuです。

今朝は卓球の福原愛選手の、旦那さんについて記事を書きましたが、福原愛さんは実の父親と絶縁状態で、

父親が亡くなった時も葬儀に行かなかった様です。

親子の間に、これまでに一体何があったのか調べてみました。

スポンサードリンク

福原愛の父親はどんな人?

福原愛さんは小さい頃から卓球を始めてるので、きっと父親も卓球の選手だったんだろうと、思ってましたが実は父親は卓球は全くしない人でした。

1990年(福原愛さん2歳)から、建設業を営んでいた福原愛さんの父親(武彦さん)は 、福原愛さんのマネージメントをしていたそうです。

しかし会社経営が上手くいかず、 多額の借金を抱える事になり、1997年(福原愛さん9歳)の契約金も、父親の会社の借金の返済にあててた様です。

小さい頃から何も知らされず、自分の卓球で稼いだお金を全て、借金返済に使われていたなんて許せないですよね  どうして母親な何も言わなかったのでしょうか?

そしてとうとう 、3億5千万円もの負債を抱えてしてしまい、倒産してしまいました。

会社の負債は福原愛さんの父親が、 個人的に使い込んでいたという噂もあるようです。

その後、 福原愛さんの両親は2004年に離婚してます。

福原愛の移籍の契約金は1億だった

しかし父親は福原愛さんの、マネージメントは続けたようで 、2005年福原愛さんは、ミキハウスから4年契約でグランプリに移籍しました。

この時の 契約金は1億円でした。

しかし、これもまた父親の差し金で 2007年には、グランプリの4年契約を途中で辞めて、ANAへ移籍しました。

この時の契約金も父親に使われ、とうとう我慢できなくなり、2008年に福原愛さんは父親と決別します。

まったく、この父親は我が子を、借金返済の為の道具としか考えてないのでしょうか?  

最低の親ですよね

愛ちゃんもとうとう父親を信頼出来なくなり、福原家では父親が絶対的な存在でしたが、 その父親と絶縁する事を決めたのでした。  

スポンサードリンク

福原愛が会社を設立した

これまでの事があり、父親を信用出来なくなった 福原愛さんは、自分のマネージメントを 、父親から兄に変え、 母親と兄の一文字を取り 『千秀企画』という会社を作りました。

そして2008年に、父親と絶縁状態である事を FAXで公表したそうです。 

父親の武彦さんは、 2013年にすい臓がんで亡くなられておりますが、 その時も葬式に福原愛さんの姿は無かったようです。

福原愛の父親への感謝の気持ちとは?

ここまでされたにもかかわらず、福原愛さんは父親に対して、このようなコメントを残してます。

「父がいなければ、私は生まれてくることもなかったですし、今の成長した私があるのも、多くの方々が応援してくださる環境があることも、父の影響によるものが少なくありませんでした。 そういったことについては、父に感謝しております。」

本当に素晴らしいコメントですね  父親を憎まず、感謝してるなんてなかなか、こんな言葉は出ませんよ

罪を憎んで人を憎まずですか? 本当に立派な娘さんを持って幸せですね 

お父さんもきっとこの言葉を聞いて、涙を流している事でしょう

また素敵な男性とご縁があって結婚され、可愛いお子さん(あいらちゃん)にも恵まれて、きっと天国でお父さんも祝福してくれてると思います。

あの明るい笑顔の愛ちゃんにも、こんなご苦労があったなんて想像もしませんでした。

これからは新しい家族3人で、今まで以上に幸せになって下さいね

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です