突然襲う脳卒中の恐怖!健康を過信してる主人を襲った病と闘う!

こんにちは、miuです。

脳卒中?私には関係ないわと思わないで下さい。

それは、ある日突然、元気だった人を襲って来る怖~い病気です。

私の主人も、17年前に脳出血で倒れました。

脳卒中は、がん、心臓病についで、日本人の死因の第3位となっている病気です。

手遅れになると、命を落とし、仮に命を取りとめても後遺症で障害が残ります。

スポンサードリンク

それぞれの原因と症状

(脳梗塞) 脳のある部分に血液が行かなくなり、その部分が死んでしまい、障害が残る病気

(脳出血) 脳の小さな血管が破れて、出血が起こり、脳を壊してしまう病気です。

(くも膜下出血)

脳の表面の血管に、脳動脈瘤というこぶが出来て、それが破れ、脳の表面に出血しくも膜下に溢れる、出血量が多ければ多い程、脳が圧迫され脳が壊れて行きます。

脳梗塞は時間との勝負

脳梗塞の治療は、一刻を争います。時間が経過すればする程、予後は悪くなります。

周囲の人の確認  顔(笑った時に、片方が下がってないか?)

         腕(両腕を上げて、片方が下がってないか?)

         言葉(ろれつが回らなくなってないか?受け答えが出来ているか?)

頭痛に注意    今までに感じた事のない様な、激しい頭痛

原因と予防

動脈硬化で身体に血栓が出来て、何かのタイミングでその血栓が飛び、血管をふさいでしまいます。

高血圧や、生活習慣病にならない様に、日頃からお酒は控え、暴飲暴食、運動不足に気をつけて、油っこい物や、インスタント食品の摂取を控える!

私の主人も、要再検査の注意をされていたのに、仕事に追われ、再検査に行くのを先送りにしていました。

そして、ある日突然、仕事中に倒れてしまったのです。48歳でした。

医師の診断では、CT画像に映った血栓も小さく、これなら薬で溶かせるとの事で、ひとまず安心したのですが、時間の経過と共に再び画像で確認したら、血栓が、大きくなっていて、やはり開頭しないと危険との判断で深夜のオペになりました。

スポンサードリンク

手術中の予期せぬ事

開頭したら、手術中にまさかの予期せぬ事態が起こりました!

なんと、開頭したら、脳が膨張して飛び出し元に戻らなくなったのです!

やむなく、右脳だけはずし、冷凍保存し頭がい骨もはずして閉じ、2週間後に戻したのですが、脳は正常に機能しなくなりました!

もちろん、言語障害、身体障害、意識障害が残り車椅子の生活になりました。

高額療養費制度とは

(従来の制度) 全額自己負担で支払い、高額療養費の申請をすれば、3ケ月程後に限度額以上かかった医療費については支給されます。                      

(現在の制度) 70歳未満の被保険者又は、70歳以上の低所得者は、あらかじめ高額療養費限度額適用認定証の申請を行い、交付された認定証を、医療機関に提示する事により、後程、還付される高額療養費を見越した、自己負担限度額のみの、支払いとなります。(認定証の有効期間は1年です)

その当時(今から17年前)は、全額自己負担で、マイホームを建てたばかりで貯蓄も少なく、本当に困り高額療養費貸付制度を利用して、50万借り、残りは他で借りて医療費を支払いました。

その時の、医療費の請求書を見て目を疑いました!

1回の開頭手術が、なんと150万!

主人は脳を出して、凍結保存し、空で閉じて2週間後に又開頭して、脳を入れる手術をしたので、2回で、300万でした。

その後は、マイホームのローンも、払えなくなり借金地獄が待ってました。

回復する迄の道の

主人の身体も、脳も、正常に機能するのに10年かかりました。

今年で、まる17年、あの時生まれた初孫が支えで、頑張れた様です。

今は、まだ左半身は、麻痺は残っているものの、おかげで脳も正常に戻り、びっこを引きながらですが、どうにか一人で、歩ける様になり、休職しながらも、会社も定年まで勤め、今は障害者施設で、働いてます。

家族が倒れると、本当に生活が激変してしまいます。

こんな苦しい思いは、もう誰にも味わって欲しくありません!

男性は、とかく病院に行きたがりません。でも早期発見が大切です。

少しおかしいと感じたら、すぐに受診して下さい。

大切な家族の為!そしてご自分の為に!

そして、食生活に十分注意して、不摂生は控えてくださいね

皆様の健康を、お祈りします。

今日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です